メインイメージ

東京は仕事がいっぱい

関東地方は日本経済を担う中心地であり中でも、東京には他県からも仕事を求めて人材が集まります。地方よりも時給が高く、企業のオフィスやお店の数も沢山あるので、多様な求人があるという点も魅力です。これは派遣の仕事にも言えることで、東京の派遣は求人が多数あり、時給も高く設定されています。ですので、離れていても東京まで仕事に出るという人も沢山います。

東京で派遣の仕事を始めようとするとき、どのような仕事でも見つけられるでしょう。一般事務や営業、販売など、希望の職種の求人はほぼ間違いなく探し出すことができます。けれど、仕事の数は多くても、仕事を求めている人も東京には沢山います。気を付けるべきことは、求人情報を見て希望条件にぴったりの求人を見つけて、派遣会社に登録をしたとしても、一概にその派遣先を紹介される、とは限らないという点です。

一般的なバイトや就活中には、求人に記載された勤務先や業種・職種に応募し、採用されればそこで働くことになりますが、派遣社員の場合は実際に働き出すまでの流れが違います。登録する際に担当者と面談をして、希望や資格、経験などを一通り確認してからそれぞれに合った仕事を紹介してもらうので、登録の契機となった仕事を紹介してもらえないという場合もあるのです。人気の求人には働きたい人が集中し、派遣会社側は出来る限り派遣先の要望に近い人に派遣先を紹介します。ですから、求人情報にあった仕事に応募しても残念ながら紹介をしてもらえず、その代わりに希望に近い別の派遣先を紹介されることはよくあります。

もし登録時に希望した派遣先で働くことが出来ないときでも、要望をきちんと伝えておくことで、派遣会社の担当者がスタッフの希望に沿うような仕事を探して紹介してくれます。詳細を確認してから「その条件では働きたくない」ということになれば、再度新しい派遣先を紹介されるのを待たなければならず、勤務できない期間が長引いてしまいますので、登録の際には希望をできるだけ明確に話しておきましょう。